ご依頼の前にお伝えしたいこと

はじめて依頼される方や、「どう伝えれば良いか分からない」という方へ、
お伝えしたい事をまとめました。

作りっぱなしのデザインでは最大の効果を得る事はできません。

私たちはデザインを消費物ではなく、経営資源だと考えています。

デザインは、企業がどんな思いで商品やサービスを作り提供しているのか、何を大切にしているのか、そういった事を伝えるためのツールでもあります。作りっぱなしで消費されるデザインではなく、事業とともに改善し続けていく経営資源としてのデザイン、集客設計を私たちは提供します。

任せっきりでは本当に良いカタチは作れません。

私たちはデザインや集客のプロですが、ご依頼いただくクライアント様の事業についてはプロではありません。

「自分たちは素人だから」とおっしゃらず、事業のプロとして意見はどんどんぶつけてください。
本気で取り組むことで起こる「気付き」がビジネスの突破口になることもあります。

カッコイイ・オシャレなデザインが効果的なデザインとは限りません。

例えば、安売りがウリのスーパーマーケットのチラシを高級感のあるデザインで仕上げても、本当に必要としている顧客の興味を引く事はできません。

時には少し派手にしてみたり、あえてゴチャゴチャしたデザインにすることが効果的な場合もあります。
企業や担当者様のイメージ通りに作ることが必ずしも効果的なデザインに繋がるわけではないのです。

まずはターゲット像を明確にし、その顧客に響くデザインはどんなものなのか、一から考え制作を行います。

継続的な改善には企業や担当者様の協力が不可欠です。

効果測定や分析のためには、事業に携わっている方の協力が必要です。
私たちは数字を分析したり、それを基に改善案をご提示する事はできますが、顧客とのやり取りなどから得られる生の情報に直接触れることはできません。

また、「どの媒体がきっかけになったのか」「何が決め手になったのか」などの情報を得るために、ヒアリングやアンケートを実施していただく場合もあります。

もちろん、私たちでご協力できる事は提案いたしますので、企業・担当者様のご協力もよろしくお願いいたします。

誰に届けたいのか、何を伝えるべきなのかを明確にしましょう。

クライアント様の魅力のすべてを顧客へ伝えられるのが理想ですが、限られたスペースや時間では難しいこともあります。
誰に届けたいのか、そのターゲットには何を伝えるのが効果的なのかを私たちはクライアント様と一緒に考えます。

クライアント様が「伝えたいこと」が必ずしも顧客が本当に知りたいことであるとは限りません。

ターゲットが必要としている情報をいかに引き出し効果的に伝えるか、それが私たちが一番大事にしていることです。

私たちは適正価格を追求します。

「簡単なデザインで良いから安くして」こんなことを言われることが時々あります。
でも、私たちは作りっぱなしで消費されるデザインを作ることではなく、事業とともに改善し続けていく経営資源としてのデザインを制作していきたいと考えています。

ビジネスの基盤として、経営資源になるデザインを作り上げるためには様々なプロフェッショナルが関わる必要があります。それには相応のコストが伴います。

クライアント様とともに、事業を育てるためのカタチを作ることが私たちの使命です。