ありすぎて分からない!Web・インターネット広告の種類について

カテゴリー:WebコンサルティングWeb制作ブログ

今やWebビジネスを支える上でなくてはならないウェブ広告。その種類は年々増加しており、広告代理店でも全ての種類は把握できないほどたくさんあります。

しかし、基本的な種類はそれほど多いわけではありません。今回は、Web広告の基本的な種類について解説します。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに関連して表示される広告のことで、「検索連動型広告」とも呼ばれます。

リスティング広告はユーザーの検索という能動的な行動に連動して表示されるため、関心度が高くコンバージョンに繋がりやすいという特徴があります。インターネット広告を検討する場合は、まず最初にリスティング広告から初めてみるのが良いでしょう。

Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告が代表的です。他にも、ISPのポータルサイトで検索した際に表示されるものなどがありますが、それらはあまり配信量は多くありません。

ディスプレイ広告

Webサイト上の広告枠に表示されるバナー広告のことです。その配信方法によってさらに細かいカテゴリが存在します。

純広告

「枠買い」などとも呼ばれる形の広告で、Yahoo! Japanのトップページに掲載されるバナー広告もこれにあたります。広告主が広告枠を買い取り、広告を掲載する形態の広告です。

そのサイトと自社のユーザー層が被っている場合などは効果が期待できます。キャンペーンやブランディングによる認知拡大など、潜在層へのアプローチに向いていると言えるでしょう。

契約期間中は必ず表示されることになるため、出稿先のWebサイトのPVがほぼ広告の表示回数になります。広告費はWebサイトや広告枠によって大きく異なります。前述のYahoo! Japanトップページなどは大量に配信される分、広告費も高額になります。

アドネットワーク広告

広告配信ネットワークに広告を配信する形態のものです。Google AdwordsのディスプレイネットワークやYahoo!ディスプレイアドネットワークなどが代表的です。

ネットワークに参加しているサイトに配信されるため、大量の広告配信を行うことができます。また、リターゲティング広告と呼ばれる、一度サイトに訪問したユーザーを追いかけて表示する広告などもあります。

アドネットワーク広告はここ数年で非常に進化しており、ユーザーの属性や行動などに応じて表示するものや、自社の顧客データと結びつけて配信するものなどもあります。非常に多くのカテゴリが存在しますが、広告配信ネットワークによって細かい機能が違ったりすることがあるため、よく確認して利用する必要があります。

きめ細かに設定すれば狙った潜在層に効果的にアプローチできますが、漫然と配信すると広告費の無駄遣いになりやすいところに注意が必要です。

ネイティブ広告

記事やコンテンツといった形で表示される広告のことで、「PR記事」などと表示されているものがあたります。

ユーザーにとっても役立つコンテンツ配信ができれば企業イメージも向上し、SNSでの拡散なども期待できます。一方で、コンバージョンには繋がりにくく、あくまで知名度やブランディングといった面での効果を狙ったほうが良いでしょう。

まとめ

インターネット広告には様々な種類があります。その中でも、最も効果を実感しやすいのがリスティング広告です。ビジュアル面で訴求できる商品なら、ディスプレイ広告も効果が期待できます。

このように、取り扱う商品やサービスの内容によっても最適な広告は変わってきます。Google AdWordsやYahoo!の広告商品は広告代理店を通さずに出稿することも可能です。ただし、設定にはいろいろなコツなどもあり、最新情報を得やすい広告代理店を通した方が成功しやすいでしょう。

すでに広告を出稿していてその効果が思ったように上がらない、広告の無駄を省きたいというご要望がある場合はWebコンサルティングサービスもご検討ください。