Google Analyticsで動的IPアドレスでも自分のアクセスを除外する最も簡単な方法

カテゴリー:Web制作ブログ

何も対策しないままWeb制作中の表示確認でサイトにアクセスすると自分のGoogle Analyticsでアクセスが記録されてしまいます。
Google AnalyticsではIPアドレスを指定してアクセスを記録させない設定ができますが、接続のたびにIPアドレスが変わる可能性のある動的IPアドレスではこの方法を使用することができません。

固定IPアドレスを取得できれば良いのですが、フリーランスのWebデザイナーや小さな会社だとそのためだけに取得するのはコスト的にも難しいですよね。

カスタムディメンションとCookieを使用してフィルタで除外するやり方などもありますが、Cookieを削除した後で設定し直すのを忘れてしまうとまた記録されてしまったり、そもそも準備が面倒だったりします。

そこで、最も簡単な方法をご紹介します。

「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」をインストールする

Googleのサイトへアクセスして、「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」をダウンロードしてインストールするだけです。

複数の主要なブラウザに対応しているので便利ですね。
Internet Explorerの場合はサードパーティCookieを有効にする必要があります。インストール方法について詳しくは上記のサイトを参考にしてください。

インストールすることによって、自分のサイトのみならずGoogle Analyticsを使用しているすべてのサイトでアクセスが記録されなくなります。プライバシーの点からもメリットがありますね。ただし、もちろんサーバーのログには残りますし、Google Analytics以外のアクセス解析ツールは対象外なので注意してください。

また、Google Chromeなら、一度インストールすれば同じアカウントにログインしている他のPCのGoogle Chromeでも自動的にインストールされるので、設定忘れも防げます。

手軽に自分のアクセスを除外したい、という方は試してみてください。