広告のリンク先が全部トップページ?ランディングページを改善してコンバージョン率UP!

カテゴリー:Webコンサルティングブログ

リスティング広告やディスプレイ広告など、Web広告全般についてありがちなのが、全ての広告からトップページにリンクしてしまっているパターン。どんなに良い広告を作成してクリック率を上げたとしても、これではコンバージョン率が上がらず費用対効果も悪くなってしまいます。

広告のコンバージョン率を改善するために重要なランディングページ。では、どのように改善すれば良いのでしょうか?

そもそもランディングページとは?

ランディングページとは、landing = 着陸/着地、page = ページ、ということで広告などのリンクをクリックした際に表示されるページのことです。LPなどとも呼びます。広義では広告や検索結果などのリンク先はすべてランディングページですが、狭義には商品やサービスの販売や資料請求など、着地からコンバージョンまでを1ページで完結させるような1枚の長いページを指して呼ぶことが多く、広告代理店などがLPといった場合はだいたいこちらを指します。

ちなみに、Google Analyticsの行動>ランディングページで表示されるのは広義の方です。

ランディングページをどう改善したらいい?

広告のランディングページの場合は、まずはクリック率の高い広告が表示されているキーワードなどを調査します。キーワードが集客の目的と一致しているようなら、そのキーワードや広告文に合った内容のページがWebサイト内にあるかどうかを調べます。なければ、新しくページを作成するか、既存ページの改修で対応します。

次に、そのページが最初に表示された場合に、ユーザーが必要としている情報が網羅されているかどうかを検討します。不足があるようならそのページに内容を追加するか、あるいは必要なページへスムーズに移動できるように改善します。

こうやって準備したページをリンク先に設定するのが第一歩となります。

その後、運用をしながら滞在時間や離脱率などを検証しながら改善をおこなっていきます。この時、扱っている商品やサービスの内容によっては狭義のLP(1ページで完結するタイプ)の方が効果的な場合もあるので、A/Bテストをするのも効果的です。

自然検索からのランディングの場合は、直帰率が低いような場合はサイト内の他のコンテンツへの動線を改善することを検討します。

ランディングページを改善するとどういう効果があるのか?

まず、コンバージョン率の改善が期待できます。広告のランディングページの場合、広告文とリンク先のページがマッチしていないと、ユーザーはわざわざそのサイト内に広告に関連したコンテンツを探すことなく他のサイトへ移動してしまいます。関連したページがしっかり表示されることで、ユーザーの滞在時間が伸び、アクションを起こさせやすくなります。

また、広告の品質スコアが上がることも期待できます。Google AdWordsの品質スコアはランディングページの利便性も影響します。品質スコアが上がると、広告が表示されやすくなり、クリック単価も下がることが期待できます。

ランディングページの改善に困ったら。

Blue Clipではランディングページを含めWebサイトのパフォーマンス改善を行うWebコンサルティングサービスを提供しています。お気軽にご相談ください。

サービス » Webコンサルティング