「ペルソナ」を作ってユーザー像を見える化しよう

カテゴリー:ブログ集客コンサルティング

マーケティングの分野では必ずと言っていいほど耳にするペルソナ。今や、マーケティングを含めた経営戦略には欠かせない考え方と言えます。

今回は、ペルソナとは何か、そしてそれはどうやって作成していくのかについて解説します。

ペルソナとは?

ペルソナとは、ターゲットとするユーザーを分析して作成された、代表的な顧客を表現する架空の人物像です。もう少しわかりやすく言うと、「ウチのお客さんってこういう人だよね」という「こういう人」をキャラクターとして作り上げたものです。

実在するユーザーにインタビューを行ったり、ユーザーと接する機会のあるメンバーにヒアリングを行ったりしてユーザーの情報を集め、その情報をまとめて作り上げるものです。

なぜペルソナを作る必要があるのか?

商品やサービスを開発する際、まずターゲットとなるユーザーを設定することは一般的ですが、なぜそれを人物像にまでまとめる必要があるのでしょうか。それは、自分たちで考えたユーザー像というのは自分たちにとって理想的すぎるユーザー像であって、実在する人物からはかけ離れていることが多いからです。また、年齢や性別などの属性を設定しただけでは、そこからイメージする人物像が関係者の間でもズレてしまう可能性があります。

実際に利用している、あるいは利用したいと思っているユーザーへしっかりインタビューを行い詳細なペルソナを作成することで、よりリアルなユーザー像を関係者全員で共有できるようになります。

ペルソナの作り方。

実際にペルソナを作るには、ユーザーに関する情報を集め、それらを仕分けして整理し、具体的な人物像として再構築していきます。

ターゲットユーザーに関する情報を集める。

まずは、ユーザーに関する情報をしっかり収集します。下記のような情報を集めます。

  • プロフィール
    • 性別
    • 年齢
    • 職種
    • 居住地
    • 趣味や興味の対象
    • 家族構成
  • 一日の過ごし方や業務内容など、商品・サービスに関連する部分の行動
  • なぜその商品・サービスを選んだのか
  • 選ぶ前はどんな課題を抱えていたのか
  • 商品やサービスをどう利用しているのか

これ以外にも、ブランディングを目的としているのであれば好きなブランドや嫌いなブランドなども項目に入れる必要があります。目的に応じて、必要そうな項目は全て収集するようにしましょう。

情報の収集方法としては、以下のような方法があります。

実際のユーザーにインタビューする。

すでに商品やサービスをリリースしていてユーザーが存在するなら、そのユーザーに直接インタビューするのが最も良い手段です。実際に対面で聞けるとなお良いですが、難しい場合はアンケートを実施する方法もあります。

ユーザーに接する機会の多いメンバーにヒアリングする。

ユーザーへのインタビューには時間も費用もかかってしまいます。営業やユーザーサポートなどユーザーと接する機会の多いメンバーがいる場合はその人たちにヒアリングします。実在する具体的なユーザーがいる場合は、そのユーザーになりきってもらってインタビューを行うのも手です。無機質にヒアリングをするより、「あ、あの人はこんなことを言っていたな」など思い出しながら回答するので、より生の声に近いものになります。

ターゲットとなるユーザーにアンケートを行う。

実際のユーザーへのインタビューが難しい場合や、リリース前の段階でまだユーザーがいない場合は、想定しているターゲットユーザーへアンケートを行います。その際、競合する商品やサービスがあるならそれらを利用しているユーザーへアンケートを実施するとより具体的になります。

収集したデータを仕分ける。

情報が収集できたら、共通する特徴を元にデータを仕分け、まとめます。収集した情報のプロフィールや行動などについての共通項を付箋などに書き出しまとめていきます。

まとめた情報を一人の顧客像として作り上げる。

データを仕分けると、ユーザー像の輪郭が見えてくると思います。それを元に、実際の人物像を作り上げていきます。収集した情報を箇条書きにするのではなく、一人の人物としてストーリーを意識して書き上げることが重要です。

  • プロフィール
  • 一日の過ごし方や業務内容などの行動
  • 抱えている課題や解決したい問題
  • 実現したい目標、ゴール
  • 情報源

この時、名前や顔写真まで設定することが大切です。こうすることでよりイメージが具体的になり、関係者間でのイメージのズレがなくなります。

もし、具体的に記述できない場合は情報収集が不足しているのかもしれません。その場合はもう一度情報収集からやり直しましょう。

まとめ

ペルソナは作り上げられた架空のユーザー像ですが、想像や理想から作り上げるのではなく、実際のユーザーから得た情報で作成するようにしましょう。

できあがったペルソナは関係者間で共有し、マーケディング活動の際は必ずペルソナを意識するようにしてください。また、ユーザーの動向は変わることがあるので定期的に見直しを行いましょう。

Blue Clipでは集客コンサルティングサービスを提供しています。集客でお困りの場合はお気軽にご相談ください。

サービス » 集客コンサルティング