ホームページ制作会社へ依頼する際の注意点4つ

カテゴリー:Web制作ブログ

最近ではJimdoやWIXなど無料でホームページを作成できるサービスが増えており、こういったサービスを利用して自分でWebサイトを制作する会社も増えています。

しかし、やはりしっかりしたWebサイトはプロに依頼したいもの。とはいえ、色々な業者がある中でどういったポイントに注意すればいいのか分からないという方も多いと思います。

ホームページの制作を制作会社へ依頼する際の注意点を4つご紹介します。

料金で比較しない

一口にホームページ制作といっても、制作会社によってその内容は大きく異なります。クライアントから見た目の希望を聞いてデザインに落とし込むだけの制作会社から、ビジネスの戦略まで含めて設計する制作会社まで様々です。また、簡単なテキストライティングも含まれるかどうか、画像政策はどこから料金がかかるのかなども違います。

単純にホームページ制作の料金だけで比較するのではなく、提案内容なども含めて判断するようにしましょう。また、コンペはお勧めしません。見た目と費用ばかりが重視され、肝心の目的がないがしろにされがちです。

サイトでどのような成果を得たいのかを明確にする

Webサイトを制作して、どのような成果を得たいのかを明確にしましょう。良くある誤解として、ホームページを作ればお客さんが増えるというものがありますが、実際にはどうやってホームページに辿り着いてもらうかなどもしっかり考えないと、誰も見てくれないホームページになってしまいます。

広告などを行ない積極的に集客するのか、名刺やチラシからホームページへ誘導して訴求するのかなど、何のためにWebサイトを制作するのかを考えておき、制作会社へ相談するようにしましょう。

サイトのメンテナンスはどうしていくのか

Webサイトは作ったらおしまいではありません。ビジネスや環境の変化などによって修正が必要になる場合もあれば、キャンペーンの告知などを行ないたいこともあるでしょう。そのような場合に、メンテナンスは自社で行うのか、月々の保守がある場合はどのくらいの更新まで含まれるのかなどを予め確認しておきましょう。

ホームページができあがっても、更新されないまま放置してしまってはプラスにならないどころかマイナスの効果を生んでしまう可能性もあります。公開後のこともしっかり計画しておきましょう。

任せっぱなしにしない

相手はプロだからと全てを任せっぱなしにしないようにしましょう。制作会社はホームページを作ることについてはプロフェッショナルかもしれませんが、クライアントのビジネスについてはプロフェッショナルではありません。業界特有の事情などはなかなか分からないものです。任せっぱなしにするのではなく、クライアント自身が積極的に関わることで、より良いデザインを作ることができます。

逆に、全て丸投げOKと謳っているような業者は見た目だけのデザインをするだけの可能性がありますので注意が必要です。

まとめ

ホームページ制作業者の比較はなかなか難しいものですが、まずは自分たちでしっかりと課題や目標を考え、それを理解してくれる制作会社を選ぶことが大切です。

ホームページの制作やリニューアルをお考えの方は、Blue Clipでもホームページ制作サービスをご提供しておりますので、ぜひご検討ください。