SEOかリスティング広告か、効果的なWeb集客の方法は?

カテゴリー:Webコンサルティングブログ

Webサイトへの集客方法の代表的な手段として、SEOとリスティング広告があります。その他にもディスプレイ広告やアフィリエイトなど様々な手段がありますが、リスティング広告がユーザーの検索という能動的な行動に対して表示される広告なのに対して、それ以外の広告は他のサイトを見ているときに表示されるなど受動的な広告であり、手段としては補助的な広告として使われることが多いようです。

リスティング広告はクリックに対して必ずコストがかかるのに対して、自然検索でのクリックには費用が発生しません。しかし、リスティング広告は条件さえ合えば出稿後すぐに表示されるのに対して、自然検索での流入を狙ったSEOはコンテンツを作成してから検索エンジンがインデックスして評価するまで長い時間がかかります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、Google AdWordsやYahoo! プロモーション広告に代表される検索連動型広告です。ユーザーが検索サイトに入力したキーワードに応じて広告を表示するタイプの広告です。

一般的に、同じキーワードで出稿している競合が多ければそのキーワードに対する入札額は高くなり、逆に少なければ単価が安くなる傾向があります。なので、検索するユーザーが多いキーワード(ビッグキーワードと呼びます)ではなるべく安い単価で入札し、それに比べて検索回数が少ない複数のキーワードで構成される検索語句(ロングテールキーワード)をたくさん出稿する、などの戦略が必要になります。

リスティング広告は基本的に出稿すればすぐに表示され、停止すればすぐに表示が止まるので、集客数をコントロールしやすいという特徴があります。季節商品などを扱っている場合は、繁忙期は広告をやめてコストを削減するなどの対策も可能です。

上記の2大リスティング広告はクリック課金型なので、検索結果がクリックされただけコストがかかります。当然ながら、集客している期間は常にコストがかかり続けることになります。

SEO

SEOは日本語で検索エンジン最適化と呼ばれる、自然検索での上位表示を目指すための手法です。自然検索とは、検索エンジンで検索した際に表示される広告以外の部分、つまり純粋な検索結果のことを指します。

ビッグキーワードの検索結果で1ページ目上位に表示されれば確実な集客が見込めますが、そのためには非常に多くの労力と時間を必要とします。最近ではロングテールキーワードを狙ったSEOが行われることも多いですが、それでも簡単に上位表示されるものではありません。

長期的な戦略としてSEOを意識したサイト制作を行うことは必要なことですが、短期的な集客を必要としているならリスティング広告を利用した方が良いでしょう。

また、SEOに頼った集客を行う場合に注意しなければいけないのは、自然検索の順位は突然変化することがあるということです。日本でほとんどの人が検索に利用しているGoogleとYahoo!は、どちらも同じGoogleのエンジンを使って検索しており、ほぼ同じ検索結果が表示されます。そのため、順位が暴落すると突然流入が止まってしまうということがあり得るのです。SEOに頼った集客を行なっていると、Googleのさじ加減一つでビジネスが崩壊してしまう可能性も十分考えられるのです。

順位の暴落は、「ブラックハットSEO」と呼ばれる検索エンジンの隙を突いて強引に順位を上げる手法を用いている場合に起きることが多いですが、稀にGoogleのテスト的な調整などでも起きることがあります。まともなサイト運用をしていても影響を受ける場合があるので注意が必要です。

どちらが良いのか?

サイトを開設してすぐは、まずリスティング広告を利用するのがオススメです。SEOには確実な手法が存在せず、手間と時間をかけても結果に結びつかないことが多いからです。

SEOは成功すれば集客にかかるコストを大幅に下げられる可能性があります。そのため、SEOに頼るつもりがなくてもそれを意識した施策を行うことは重要です。具体的には、コンテンツを充実させる、関連するページ間のリンクを設置して使いやすくする、といった施策です。これらの施策はユーザーの使い勝手に良い影響を与えるものであり、SEOのためと言うよりは、より良いユーザー体験を提供するために実施すると考えた方がいいでしょう。

また、ユーザーの使い勝手を意識したサイトは直帰率が下がり滞在時間が伸び、コンバージョン率が上がることが期待できます。リスティング広告のコストパフォーマンス改善にも繋がります。

リスティング広告は、できれば自分で行うよりも、実績があり信頼できる広告代理店にお任せした方がいいでしょう。広告代理店に依頼すると手数料がかかりますが、広告の設定や運用には数々のノウハウが必要で、失敗すると無駄なコストを発生させてしまうことも少なくありません。ただし、広告代理店は広告費を使えば使うほど利益が上がる仕組みなので、その施策はよく見極める必要があります。

Web集客の見直しやご相談お待ちしております。

Blue ClipではWeb集客に関する様々な改善を行うWebコンサルティングを提供しています。お気軽にご相談ください。

サービス » Webコンサルティング