UU?PV?CVR??Webの数字は最低限これをみて目標設定!

カテゴリー:Webコンサルティングブログ

Webサイトを運用するにあたって、目標設定を行い分析することはとても重要なことです。でも、色んな専門用語や聞いたことのない数字が出てきたりして、良く分からないまま運用してしまっていませんか?

深く分析しようと思うと専門知識が必要になりますし、専門家に任せた方が良いのが事実ですが、任せるとしても最低限これだけは知っておきたい基本をまとめましたので参考にしてください。

基本をしっかり理解して、Web担当者やコンサルなどとしっかりコミュニケーションできるようにしましょう。

まずは基本の数字をおさえる。

ユーザー数 (UU)
そのサイトへ訪問した人の数。同じ人が複数回アクセスした場合も1と数える。
セッション数
そのサイトが利用された回数。同じ人が30分過ぎてから2回目のアクセスをした場合、ユーザー数1、セッション数2となる。
ページビュー数 (PV)
ページが表示された数。
コンバージョン (CV)
サイトを訪問した人が取るアクション。お問い合わせフォームの送信や商品の購入、電話など。
コンバージョン率 (CVR)
コンバージョンの割合。ユーザー数のうちどれくらいの割合がコンバージョンに結びついたか。

コンバージョン率は、セッション数やページビュー数を分母にして計算する場合もあります。そのため、話をする相手とはしっかり認識を合わせておく必要があります。ここの認識がずれていると結果に対して数倍の差が生まれます。

成果はコンバージョンとして定義する。

さて、目標という意味では最もわかりやすいのがコンバージョン数です。ビジネスにおける成果の数なので、指標として最も身近に感じられると思います。 目標設定のためにはまず、何をコンバージョンとして扱うかを決める必要があります。言い換えれば、Webサイトの目的は何かを定義するということです。

Webサイト上から資料請求した数なのか?お問い合わせフォームを送信した数なのか?それとも、Webサイトを見て電話してきた数も成果として扱うのか?など、細かく決めて行きます。

当然、Google Analyticsなどの計測ツールでは電話や来店の数は計測できないので、これらを計測するには顧客へのアンケートやヒアリングが重要になってきます。徹底は大変ですが、できる限り含めて考えた方が良いでしょう。

なおGoogle Analyticsには電話コンバージョンを計測する機能がありますが、あくまでスマートフォンで電話番号をタップした数を計測する機能なのでパソコンサイトを見て電話をかけた場合は計測されませんし、逆に間違ってタップした場合も計測されたりするため誤差が含まれます。

コンバージョン率に標準はない。

一般的には1%程度と言われていますが、流入経路(どのサイトやリンクからサイトへ訪問してきたか)によっても大きく違いますし、業界によっても違います。この数字はサイトごとに違うのが普通です。
ですので、他社の数字にはとらわれずに自社の数字をしっかり分析しましょう。
傾向としては、自然検索よりリスティング広告の方が数ポイント高くなり、逆にディスプレイ広告はコンバージョン率が低くなることが多いようです。

サイトを新しく作った場合や、今まで計測していなくて全くわからないという場合はとりあえず1%として試算します。

目標を立て、改善点を探る。

コンバージョンの目標が立てば、ユーザー数の目標はコンバージョン数÷コンバージョン率で計算できます。
仮に、そのサイトから月に100件のお問い合わせが欲しい場合、コンバージョン率を1%とすると100÷1%で10,000件のユーザー数が必要だということが分かります。

ここで、月のユーザー数を見てみましょう。もし、10,000件以上のユーザーを獲得できているのにお問い合わせが100件に満たない場合は、コンバージョン率が想定より低いということが分かります。お問い合わせフォームが分かりにくいため離脱されてしまっている、ページの動線設計に問題がある、流入経路に問題がある、など様々な要因が考えられますが、それらを検証しコンバージョン率が想定に近づくようにサイト周りを改善する必要があります。

また、コンバージョン率は想定通りだがお問い合わせが少ない場合は、分母となるユーザー数を増やす必要があるということが分かります。サイトのSEOやSNSの活用、またはリスティング広告の出稿などを検討します。

全ての数字が目標に達していない場合は、まずユーザー数を増やすことを検討します。ユーザー数が少ないうちは1ユーザーあたりの重みが大きく、1人が問い合わせしたかどうかでコンバージョン率などが大きく変わってしまうためです。まずはユーザー数を増やし、その上でコンバージョン率が改善しないようならサイトの改善を行うのが良いでしょう。

このように、目標を立ててサイトを運用し数字を分析することで次にどんな手を打てば良いのかが明確になります。

私たちのWebコンサルティング事業ではこういった数字の分析やサイトの改善点のご提案など、Webサイト運用に関することをサポートしておりますのでお悩みの方はぜひご相談ください。

Webコンサルティングについて詳しく見る