いまさら聞けない?!コンバージョンって一体なに?

カテゴリー:WebコンサルティングWeb制作ブログ

Webサイト運営においてよく耳にする「コンバージョン」という言葉。コンバージョンが意味する内容はサイトの目的によって異なります。そのため、正しく理解していないと話が噛み合わなかったりすることがあります。

今回は、コンバージョンについてご紹介します。

コンバージョンとは?

コンバージョン(Conversion)とは、転換・変換といった意味を持つ言葉です。Webの分野ではWebサイトで獲得できる最終的な成果が発生することを指します。つまり、Webサイトの訪問者が顧客に「転換」するという意味合いです。

「最終的な成果」は「最終的な目標」と言い換えてもいいでしょう。これはサイトの目的によって異なってきますので、商品購入やお問い合わせ、会員登録などのアクションをコンバージョンとすることもあれば、動画の再生などを指す場合もあります。

コンバージョン率

Webサイトの訪問者数に対してコンバージョンが発生した割合のことをコンバージョン率と呼びます。コンバージョン数÷訪問者数×100%で算出できます。

コンバージョン率は一般的に1%前後と言われていますが、サイトの目的や種類によっても大きく変わってきます。ECサイトの場合は検討する段階があるので低くなる場合もありますし、トラブル解決サービスのような緊急性が高いWebサイトの場合はコンバージョン率も高くなる傾向があります。

コンバージョンの内容自体がサイトによっても違いますので、全く別のサイトと比較することはあまり意味がありません。比較する場合はそれぞれの定義に違いがないかを確認して行う必要があります。

コンバージョンを計測する方法

どこにコンバージョンのポイントを置くかによって変わってきます。商品購入やお問い合わせであれば、それらのフォームの完了ページ(「ご購入/お問合わせありがとうございました」のページ)への到達数を計測することになります。電話でのお問い合わせを受け付けている場合はそのお問合わせ数を計測する必要があります。

また、コンバージョンのポイントは1つとは限りません。お問い合わせフォームと電話の両方で受付を行っている場合はそれら両方の数をコンバージョン数として計測することになります。

電話や来店などリアルでの接触をコンバージョンのポイントにする場合、どこまで正確に計測するのかも事前に定義しておきましょう。Aさんは間違い電話はカウントしていないのに、Bさんはカウントしているというようなことがあると正しい分析ができなくなります。同じ人からの問い合わせはどう扱うかなど、業務の負荷との兼ね合いも考慮しながら全員が同じ認識を持って計測できるようにしましょう。

まとめ

Webサイトにおける最終的な成果の発生をコンバージョンといい、その発生した数をコンバージョン数と呼びます。サイトの訪問者数に対するコンバージョン数の割合をコンバージョン率と呼びます。

コンバージョンが何を指すかはサイトの目的や種類などによっても変わってきますので、関係者全員の認識を合わせて置く必要があります。