ランディングページってなに?

カテゴリー:Web制作ブログ

ランディングページとは、検索エンジンや他のサイトなどに設置されたリンクをクリックした際に表示されるページのことです。外部からランディング(landing = 着陸/着地)するページという意味で、LPなどとも呼びます。

単純にランディングページといった場合、広義と狭義の場合があります。今回はランディングページについてご説明します。

広義のランディングページ

広義では広告や検索結果などのリンク先はすべてランディングページです。つまり、Webサイト上のどのページでも、他のサイトからリンクを貼られることでランディングページになり得ます。

Google Analyticsの行動>ランディングページで表示されるのはこちらの意味です。どのページへの着地が多いのか、そのページの直帰率は高くないか、などを調べることでサイトの改善につなげることができます。

狭義のランディングページ

狭義には商品やサービスの販売や資料請求など、着地からコンバージョンまでを1ページで完結させるような1枚の長いページを指して呼ぶことが多くなっています。

典型的なLPは、製品やサービスの紹介・特徴の説明から、お客様の声、実績、料金などを一つのページにまとめ、各セクションごとに電話番号などのお問い合わせ手段が掲載されているようなページです。デザインもサイト内の他のページとは違うデザインで制作されることが多いようです。

リスティング広告などのリンク先として設定されることが多く、一般的には通常のページよりもコンバージョン率が高くなると言われています。

一方で、うまく制作しないと、より詳しい情報を見たいと思ったユーザーがサイト内の他のページに辿り着けなくなってしまう可能性があります。1ページで完結させることを目的としているので他のページへの遷移は軽く見られがちですが、ランディングページの情報はどうしてもそれぞれの内容が薄くなりがちなので、詳しく知りたいユーザーに対する配慮も必要です。

小さな会社や、始まったばかりのサービス/製品などの場合は、このスタイルのページしか用意しないというケースもあります。事業の成長などに応じて、少しずつページを拡張していくという方法です。

広告代理店などがLPといった場合はだいたいこちらを指します。

まとめ

ランディングページとは、広い意味ではリンク先に設定されているページのことで、狭い意味では広告のリンク先に設定する、1枚で完結できるページのことです。

どちらの意味の場合でも、ランディングページの改善はサイトのコンバージョン率に大きく影響します。第一印象を決めるページになるので、特に着地が多いページは重点的に改善を図るようにしていきましょう。