クライアントの強みを引き出すホームページ制作

サービスや商品についてアピールしようとして、ついスペックや仕様の説明に終始してしまっていませんか?
特徴や強みをすべて説明しようとして、結果的にそれらが全て埋もれてしまってはいないでしょうか。

ユーザーが本当に知りたいのは、「それが何か」ではなく、「それが自分の役に立つのか」です。
同じカメラでも「○メガピクセルのカメラ」より「目を見張るほど美しい写真が撮影できるカメラ」の方が、自分にとって役に立ちそうかどうかが分かりやすくなります。

ユーザー目線で説明しようとしても、自分たちが提供している商品やサービスを客観的に捉えるのは難しいもの。どうしても自分たちが伝えたい点ばかり強調してしまいがちです。

でも、ユーザーが本当に魅力を感じる/感じている部分は実は自分たちでは思ってもみない部分だったりすることも珍しくありません。

クライアント様ご自身が気づいていない強みや魅力などを引き出すことは、私たちが最も得意とする事です。
事業に対する思いや、ご自身で気付かれている強みや弱みなど、様々な内容をヒアリングし、埋もれたアピールポイントを引き出します。